東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

韓国さん「年末はもっと悲惨になるの?」韓国今年上半期の財政赤字過去最大 

1::2019/08/07(水) 18:01:38.69 ID:XyQZg45m0.net BE:416336462-PLT(12000)


今年上半期、政府財政が過去最大の赤字を記録したことが分かった。景気低迷に伴う法人税・所得税の税収不振と政府の予算の早期執行方針が重なった結果だ。
7日、企画財政部が発表した月間財政動向8月号(6月末基準)によると、1~6月の管理財政収支は59兆5000億ウォンの赤字を記録した。これは、2011年に関連統計が作成され始めた後に最高値だ。
上半期全体国税収入は156兆2000億ウォンと1年前より1兆ウォン減少した。
これは地方消費税率引き上げ(11→15%)によって付加価値税が減少(1兆8000億ウォン)した結果だ。
付加価値税の進捗率は前年同期比1.4%ポイント下がった50.2%を記録した。 上半期の法人税、所得税の進度率もそれぞれ54.0%と55.4%に止まった。
これは1年前よりそれぞれ10.5%ポイント、5.4%ポイント下落した数値だ。

上半期税外収入は前年比6000億ウォン減少した14兆1000億ウォン、基金の収入は3兆9000億ウォン増加した75兆7000億ウォンとなった。
税金と税外収入、基金の収入を加えた上半期総収入は246兆ウォンで、前年同期比2兆3000億ウォン増加した。
企財部関係者は、「今年の税収は歳入予算から大きく逸脱していない流れ」と「付加価値税の7月に確定申告、法人税の8月中旬予納などの主要な税目の納付状況をもう少し見守る必要がある」と説明した。

一方、上半期中に総支出は37兆2,000億ウォンも増えた。
企財部の関係者は、「ただ、政府は税収進度率が1年前と同じようなレベルであるという点で、年末には、統合財政収支が黒字を記録すること」と述べた。
6月末基準中央政府債務は686兆9000億ウォンで、前月より1兆5000億ウォン増えた。
外平債権(1兆6000億ウォン)、国民住宅債券(1兆1000億ウォン)などが増えた影響である。
6月には、債務の返済が行われる月と通常の国家債務は比較的小さく表示される。

http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/53680215.html






簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

【異様な韓国】大衆を洗脳し「3000人のロウソク集会」を先導する文政権[8/4] 

1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2019/08/04(日) 14:53:57.40 ID:CAP_USER.net
2019年8月4日、韓国メディアによると3日夜ソウルの日本大使館前で、日本へ抗議するための約3000人が参加するロウソク集会が開かれた。

 韓国ウォンの対ドルレートは、当面のボーダーラインと言われていた、1ドル1200ウォンを割り込みウォン安は加速。金融恐慌に向かっている。

 専門家は『異常です。2日の閣議で決定したのは、輸出管理上の最優遇国(ホワイト国)から韓国を除外するだけで、グループAからグループBに移行しただけなんです。ロウソク集会の実態は、被害妄想と反日の洗脳で一般大衆を動員した管制集会です。

 今回の日本に対する抗議行動が過激なのは、文政権の政策がことごとく失敗し、経済危機に陥るのは日本が攻撃しているからだと、「嘘」の浸透を図るのも目的のようです。

 ユニクロは本社は日本ですが、製造国は日本以外の国がほとんどです。韓国のダイソーで売られている商品も70%以上は韓国製。かなり雑です。

 オリンパスの内視鏡は、韓国のほとんどの病院で利用されています。そのためオリンパスは、不買運動リスクから除外しています。新聞社や放送局のカメラもほとんどが日本メーカーの製品です。

 騒げば、日本政府が韓国の圧力にひれ伏すと考えているとすれば、全くの勘違いです。韓国の国内のゴタゴタを世界中にアピールして、来週、ウォン安が加速する可能性があります。3度目の金融破たんは避けられないかもしれません』と説明する。

【編集:WY】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5815&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2019年8月4日 7時15分
=====
【LIVE】光化門広場土着倭寇報復集会

光化門広場土着倭寇報復集会、日本大使館少女像の前安倍糾弾
学生、ネチズン、市民団体の集会、朝鮮日報廃刊行進再放送






簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

韓国の元外交官「今の韓国は正常な国ではない」 

1::2019/07/31(水) 22:38:19.76 ID:5JeVV69F0.net BE:439992976-PLT(15000)


「文在寅(ムン・ジェイン)政権下の今の韓国は事実上の内戦状態にあり、民主主義も三権分立も存在しない。
 だから日本は正常な国を相手にしているつもりになってはならない」――こうした辛辣な文政権批判が、韓国の保守派知識人から表明された。
韓国内の反文在寅勢力からの手厳しい政権糾弾である。
だが、こうした意見が述べられるほど、現在の韓国内部の分裂や混乱は深刻だと言えそうである。
■話し合いでの合意は望めないと覚悟せよ
 7月29日、民間安全保障・外交研究機関「日本戦略研究フォーラム」(屋山太郎会長)主催による討論会が東京都内で開かれた。
この討論会で、かつて韓国政府の外交官として在日韓国大使館の公使や参事官を務め現在は学者や評論家として活動する洪熒(ホン・ヒョン)氏が講演し、質疑応答に応じた。
洪氏は韓国陸軍士官学校を卒業して軍務に就き、ベトナム戦争にも韓国軍将校として参加した。
日本在住も長く、早稲田大学客員研究員を経て、現在は桜美林大学客員教授、在日韓国人向けの新聞「統一日報」主幹も務める。
政治的には韓国の保守派として、文在寅政権の政策に激しい批判をぶつけている。
洪氏は「日韓関係──策はあるのか」と題された講演で、まず現在の日韓両国の対立について以下の諸点を述べた。
・文政権は韓国民に対して反日の感情やイデオロギーを洗脳や扇動で広め、自分たちの共産主義的・全体主義体制の推進に利用している。
この「官製反日」の真の目的は、決して元徴用工や慰安婦の問題の解決ではなく、
韓国を日米側から引き離し、北朝鮮・中国側に接近させることである。
・日本は、文政権に過去および現在の国際的な公約、合意を守ることを期待すべきではない。
 文政権にとって約束とは、政治目的の達成のために利用し簡単に破ることができる便利な道具なのだ。
 日本の対韓輸出優遇措置の撤廃をめぐって日韓は対立しているが、日本は話し合いでの合意は望めないと覚悟すべきだ。
・韓国には、文大統領の反日姿勢に反対する国民も多数存在する。
 だから日本も、米国のトランプ政権の対韓政策と同様に、文在寅政権を韓国の国家全体や国民からは切り離して考える態度が望ましいのではないか。
■韓国は「事実上の内戦状態」
<省略>

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57168






簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

【から(韓)くに便り】 夏がくれば思い出すこと~いまなお日本に縛られる韓国[07/28] 

1:蚯蚓φ ★:2019/07/28(日) 23:29:36.21 ID:CAP_USER.net
ソウル駐在初期にあたる1982年8月15日(光復節)の韓国の新聞には「今年の夏はこれまでのどの夏より暑くていらだたしい」という社説が出ていた。当時、日本の歴史教科書の記述がケシカランといって官民挙げて反日運動が盛り上がっていた。これでいくと今年も「どの夏より暑くていらだたしい」ということになりそうだ。

 マスコミは連日、反日キャンペーンを展開し、街ではタクシーが日本人客を乗車拒否したり、食堂が「日本人客出入り禁止」の張り紙を出したりで結構盛り上がった。「最悪の日韓関係」といわれ双方で解決策が模索された。

 その際、韓国側で出てきたのが「反日から克日へ」の方向転換だった。反日感情を日本に向け単に爆発、発散させるのではなく、「日本に打ち勝つ」「日本を克服する」という方向に向かうべきだというのだ。後に一般化する「克日」という言葉はこの時に生まれたのだが、当時マスコミはさらに「敵に勝つためには敵を知らなければならない」「克日のためには知日だ」といって、過去の歴史のみならず現在の日本を知るための特集を競って伝えた。

 この時の反日感情は官民挙げての「独立記念館建設国民募金運動」によって収拾され、その独立記念館は今、ソウル南方の忠清南道(チュンチョンナムド)・天安(チョナン)の広大な敷地に存在する。

 当時、新聞の識者座談会で女流作家の鄭然喜(チョン・ヨンヒ)氏が「克日」について語った痛切な(?)言葉が今も記憶に残る。

 「克日運動という言葉を聞いた後、ずっと気分がすっきりしない。解放後数十年過ぎたというのに、われわれの意識を引き締めるのにまだ日本という刺激が必要なのだろうか。克日という言葉には日本を意識しなければならない、彼らを何か基準か目標のように考えなければならないかのように強要する感じがある。日本をあまり意識することはかえって日本に縛られるという点で、克日より自らに勝つ克己が優先されるべきだと思う」

 筆者はそれから20年以上たった2006年にその間の韓国でのことを『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)という本で書いた。その後、さらに10年ほどたってまた『それでも“日本離れ”できない韓国』(同)という改訂版を書いた。韓国は「日本離れ」どころか依然、日本、日本…なのだ。 韓国で相変わらず日本、日本…といっていることに知識人たちは鄭然喜氏のような違和感は感じていないようだ。むしろ喜々としているようにみえる。彼女の言葉を借りれば「韓国はいまなお日本に縛られ自らを克服できないでいる」ということなのだろうか。

 25日、文在寅(ムン・ジェイン)政権与党の「日本経済侵略対策特別委員会」の一行がソウル外信記者クラブにPRにやってきた。半導体素材問題で明らかになった韓国経済の日本への依存度の高さが侵略かと思いきや、輸出規制が韓国経済に打撃を与えるのでそれが経済侵略だという。はて、そんな侵略があったか?

 質問で「(左派らしく)日本経済依存対策委員会に改めてはどうか」と皮肉ったが、学生運動上がりの彼らには精神的に「日本に縛られること」への痛切感など微塵(みじん)もなく意気揚々だった。(ソウル駐在客員論説委員)

ソース:産経ニュース<【から(韓)くに便り】夏がくれば思い出すこと 黒田勝弘>
https://www.sankei.com/world/news/190728/wor1907280007-n1.html






簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア